Products Information

「ルルミルク」製品情報

ルルミルクLulumilk
1.ルミナコイド健康食品「Lulumilk(ルルミルク)」
Lulumilk(ルルミルク)は、「腸内フローラが必要としている栄養」に着目した、全く新しい腸活・健康食品です。

 

腸内フローラの最強パートナー「ルミナコイド」

日常生活の中で良く耳にする乳酸菌や酪酸菌などのプロバイオティクスは、腸内フローラを助ける仲間です。しかし、いくらその仲間を多く体内に摂り入れても、腸内フローラに栄養を定期的に与えないと、元気に働いてくれません。その腸内フローラが必要としている栄養を「ルミナコイド」といいます。

「ルミナコイド」とは、食物繊維、オリゴ糖類、糖アルコール、レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)、難消化性デキストリン、難消化性プロティンなどの様々な難消化性食品成分の総称で、日本食物繊維学会が命名しました。

私たちが「ルミナコイド」を摂取することで、腸内フローラは、「短鎖脂肪酸(主に、酪酸、酢酸、プロピオン酸)」など、私たちの健康に非常に重要な代謝物を産生してくれるのです。

 

腸活の鍵は「短鎖脂肪酸」

短鎖脂肪酸は、小腸や大腸を動かす「エネルギー源」で、腸内の善玉・悪玉・日和見菌を最適な均衡に整える「細菌バランス維持因子」や、免疫力を適正に維持する「免疫賦活因子」でもあります。

正に、腸内フローラが産み出す短鎖脂肪酸こそ、腸がしっかり機能する上で大変重要なのです。

Lulumilk(ルルミルク)は、この短鎖脂肪酸の素となるルミナコイドを主原料とした粉末健康食品です。

 

2.腸活で多く見かける食品とどう違うの?

現在、日本で主流となっているサプリメントやヨーグルト、乳酸菌飲料に含まれる主成分は、“プロバイオティクス”という、腸内フローラのバランスを改善することにより、ヒトに有益な作用をもたらす「生きた微生物」です。

一方、『Lulumilk(ルルミルク)』の主成分であるルミナコイドは、“プレバイオティクス”とも言われ、大腸内の特定の細菌の増殖及び活性を選択的に変化させることにより、ヒトに有利な影響を与え、ヒトの健康を改善する「食品成分」です。

青汁などの食物繊維もルミナコイドの一種ですが、腸内フローラは様々なルミナコイドを必要としています。

 

Lulumilk(ルルミルク)は、テニスコート半面もの表面積を持つ大腸の全域に短鎖脂肪酸を効率的に産生し、さらに短鎖脂肪酸の中でも、酪酸、酢酸、プロピオン酸それぞれの産生効率を高める、分子サイズの異なる複数種類のルミナコイドを配合しています。

 

また、添加物を一切排除した粉末食品であるため、子供から高齢者まで幅広い方々が、様々な飲み方・食べ方(料理に混ぜるなど)で摂取することができます。

 

3. 現代人は圧倒的に難消化性食品成分が不足している

「日本人の平均食物繊維摂取量は、1950年頃には一人一日20gを超えていましたが、穀類・いも類・豆類の摂取量の減少に伴い、減少傾向にあり、最近の報告によれば、平均摂取量は一日あたり14g前後と推定されています。

厚生労働省策定の『日本人の食事摂取基準(2020年版)』では、一日あたりの『目標量』は、18~64歳で男性21g以上、女性18g以上となっています」(出典:厚生労働省e-ヘルスネット「食物繊維の必要性と健康」)

世界保健機関(WHO) の推奨値は、25g/日、世界各国の国別指針による食物繊維摂取の推奨値25~38g/日、スタンフォード大学スクール・オブ・メディスン微生物学・免疫学ソネンバーグ博士は著書「『腸科学(The Good gut)』早川書房」で、腸内細菌まで届く炭水化物(MACs:Microbiota accessible carbohydrates)として推奨値:33~39g/日としています。

 

4. 過度な糖質制限や動物性たんぱく質摂取のデメリットを解消

過度な糖質摂取制限は腸内フローラが必要としているルミナコイドが不足、腸内環境が悪化し、便秘や肌トラブルなどに繋がります。また筋トレブームで動物性タンパク質(プロティンなど)の摂取過剰者も増えており、栄養バランスが悪くなると、腸内環境の悪化と腎臓機能の過剰負荷で、便秘、肌トラブル、体臭・便臭・オナラ臭に繋がることもあります。ルルミルクは、腸内環境改善に優れた、豊富なルミナコイドと乳酸菌を含んでいるため、このような症状でお悩みの方にもお勧めです。

 

あなたの腸内フローラにも栄養を与えて上げましょう。